●SLINGBOX350

 
海外転送 海外で日本のテレビを観る 日本人会・データ集 リンク集 PCショップ
 
 
   
       
       

  概要
 

SLINGBOX350の本体とレコーダー、コンポーネントケーブル、LANケーブル、IRリモコン端子を繋げれるだけでほとんどの作業が終わったと言えるぐらい簡単です。リモコンの設定などは必要ありません。リモコンも実物そのものが表示され、とても使いやすいです。リモコンは日本で販売されたレコーダーの多くの機種に対応しています。サポートページのリモコン一覧 に自分が持っている機種がなくても、型番が近い機種を設定すれば使えることが多い。

PCで視聴する場合は専用のソフトはいりません。インターネットエクスプローラー等のブラウザ上で視聴します。安定した受信ができます。

映像画質はD端子(同梱)を使い、送受信を高速ネット回線で視聴できる環境なら、1080ピクセルのHD画面の美しい画像を楽しめます。欠点はボルカノに比べると値段が高いです。それでも、面倒な設定がないので時間を節約したい方にはお勧めです。

   
  セットアップマニュアルページ    サポートページ(日本語)
   
   
 

Slingboxは、米国Sling Media(スリングメディア)社によって開発されました。

インターネットを通じて自宅のテレビの映像をストリーミング送信できるので寝室でも、外出先でも、旅行中でも、インターネットさえ繋がればいつでもどこにいてもリビングで楽しめる全てのコンテンツを楽しむことができます。 世界45ヵ国、100万人以上が利用している世界標準のTV映像転送システムーそれがSlingboxです。

TVの映像は、WindowsまたはMac OS搭載のパソコンの他、iOSおよびAndroidのスマートフォンやタブレットでの視聴 (※ スマートフォン、タブレットなど携帯端末での視聴には、別途アプリケーション(有料)が必要です。) に対応しています。視聴の際に利用するインターネット回線は有線LAN、無線LAN(Wi-Fi)、携帯電話回線で可能です。
ご利用中のデバイスのメーカーやOS、通信事業者がバラバラでも、すべてのデバイスでスマートTV生活を楽しむことができます。

フロンティアファクトリー と イーフロンティアが代理店で設置訪問サービスも行っています。アマゾン、楽天、ヤフーショップ、ヨドバシ等でも販売されています。 各販売先を見るとAMAZONが一番安いです。D端子は同梱されているので買う必要はありません。

   
  必要ネットワーク環境
  下記回線速度は、Slingboxの設置場所(上り)と視聴端末での接続場所(下り)共に必要です。
HD画質利用時 :2Mbps以上のインターネット回線速度
SD画質利用時 :600Kbps以上のインターネット回線速度
モバイル利用時:250Kbps以上のインターネット回線速度
   
  対応OS
  WindowsR 7 以上 ※WindowsR 8はデスクトップモードのみ対応
MacR OS X 10.7 (Lion)以上
   
  WindowsR動作環境
  IntelR Core 2 Duo以上のCPU
256MB以上のビデオメモリを搭載し、DirectX 9以上に対応したビデオカードまたはビデオチップ
   
  外箱外観
 
   
  本体背面
 
   
  ユーザー登録と設定
  Slingboxとレコーダーの接続が完了したら?製品に同梱の『ユーザーガイド』、セットアップマニュアルページを参考にSlingboxを正しく設置したあとに、以下の手順に沿って視聴に必要なユーザー登録(アカウント作成)および設定作業を行ってください。
 
  Set Up Slingbox 500 or Slingbox 350 の部分をクリックする。
   
 
  登録画面が現れます。右側のメールアドレスの登録部分にメールアドレスを記入して「サインアップ」ボタンをクリックします。
   
 
  画像認証が表示されます。表示されている文字を入力し『CONTINUE』をクリックします。
ユーザー登録した直後にSLING社から「Verification Code」が送られてきます。
 
  検証(その2)にはSLING社から送られてきた「Verification Code」を入力します。必要事項を記入して利用規約の同意にチェックを入れます。
「CREATE ACCOUNT」ボタンをクリックします。
   
 
   
 
   
 
  「スタート」ボタンをクリックする。
   
 
  Slinboxに接続しています。
   
 
  日本を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。
   
 
  リモコンを設定します。
   
 
  まずメーカー名を入力しましょう。製品の一覧が表示されます。その中から自分の機種を選択します。自分の機種が一覧にない場合は同じ型番を選択してみて下さい。設定しようとしたのはVDR-R3000の機種だが、無いのでVDR-R2000を選択。結果、問題なく操作できた。
   
 
   
 
  リモコンが表示されます。テスト操作して下さい。問題なければ、「次へ」ボタンをクリックして下さい。
   
  以上で設定はあっという間に完了しました。Slingboxのホームページをお気に入りに追加して下さい。次回からホームページを開けば自動ログインされます。
   

 

Slingbox350の視聴サービス 試聴方法

   
   現在、テラメゾンの海外発送サービスをご利用いただき、アンケートに答えていただいた方にSLINGBOX350、またはボルカノフローの視聴サービスを行っています。
   
  下記、視聴方法をご紹介します。
   
  1.招待メールが届きます。メール上の「招待を承認する」をクリックして下さい。
 
   
  2.パスワードを設定して下さい。
 
   
  3.アカウントが作成されました。 「OK」ボタンをクリックして下さい。
 
   
  4.下記の画面が現れます。「接続する」ボタンをクリックして下さい。
 
   
  5.日本のレコーダの電源が入っていないとこのような状態で現れます。
  下部の「Yes」ボタンをクリックして下さい。
 
   
  6.レコーダーの電源が入りました。
 
   
  7.放送中の番組が流れてきます。1分以上経っても画面が変わらない、真っ暗な状態なら、
キーボード F5 ボタン を押して下さい。
   
  8.ブラウザ上で視聴します。お気に入りに追加しておくと次回からの接続が楽です。
   
   

 

視聴のマナーとルール遵守のお願い。

   
  ・スカパー等、有料チャンネルの申し込みをしないで下さい。
  ・NHK BS、申し込みのお願い警告が出ていますが、申し込みをしないで下さい。録画する分には邪魔な警告文は録画されません。
  ・視聴終了時にご自身で設定した録画設定と録画データは削除して下さい。
  ・既にある録画データは削除しないで下さい。観ることはOKです。
 

・長時間、視聴しない場合は電源を切って下さい。節電もありますが、長時間の蓄熱でフリーズが発生することがあります。よろしくお願いします。

  ・フリーズが発生した場合、操作方法がわからない、またはトラブルが起きた場合はご連絡を下さい。
ご連絡フォーム
   
 
 
 
   
  サイトマップ ご連絡フォーム