輸入代行サービスと転送代行サービスはどう違うのか

 
海外転送 海外で日本のテレビを観る 日本人会・データ集 リンク集 PCショップ
 
TOP/当社の特徴に関するページはコチラ 送れない商品の詳細ページはコチラ 料金に関するページはコチラ    
注文の流れに関するページはコチラ 注文フォームページはコチラ   配送業者情報ページはコチラ    
おすすめショップ一覧ページはコチラ   海外生活のおすす商品に関するページはコチラ   事故対応に関するページはコチラ    

代行サービス

海外在住の方の中には、日本の製品を必要としている方がいらっしゃると思います。
海外在住中に、日本の製品を購入するには、輸入代行サービスと転送代行サービスなどを利用して購入する方法があります。
これらのサービスの違いとは、どのようなものでしょうか?

 

輸入代行サービスとは

業者が、商品の購入から発送までの全てを代行するサービスのことです。
本来ですと、海外の製品はその企業や国内の代理店が市場に流通させて販売します。
一方、個人輸入ですと、国内の人が代行で、直接店舗にて商品を購入してから発送します。
海外の商品を購入する時には、その土地の言葉を理解していないと困難なことが多く、トラブルの原因となります。
そういった取引を、代行業者が行ないます。

 

転送代行サービスとは

海外の通販サイトなどで直接自分が購入した商品を、代行業者を通してその業者が指定する住所に保管、経由してから自分の住所に届けてもらうといったサービスです。
海外の通販サイトでは、発送対応している地域や国が限られていることがあります。
そういったサイトの本来手に入らない商品を、転送代行業者を介することで手にすることができるのです。

輸入代行サービスと転送代行サービスは、流通経路が違うため手数料やかかるコストが異なります。
輸入代行サービスは、購入した商品の合計金額の何割かが手数料として計算されることがほとんどです。
転送代行サービスですと、基本代行手数料と重さや大きさによって異なる配送料の料金がかかります。

輸入代行サービスは、購入から発送までの工程を行なうため、転送代行サービスよりも手数料がかかってしまうことが多いようです。

 

海外在住の日本人の方で、日本の通販サイトの商品を購入されるのでしたら、転送代行サービスを行なっている当社へお任せ下さい。
複数のサイトからお買い物をされても、コストが抑えられるようにまとめて配送するサービスや、破損しやすい商品の簡易梱包サービスなども行なっております。
また、物によっては元々の梱包を解いてお送りするということもできます。
ご質問やお見積もり、費用のことでしたら、お気軽に連絡フォームにてお問い合わせ下さい。

 

Q&Aよくあるご質問のページ   海外の郵便局リストのページ   各国・地域の送達条件リストのページ        
人気の海外移住先のページ 海外在住者が日本製品を手に入れる方法のページ 輸入代行サービスと転送代行サービスはどう違うのか 日本の優秀なコスメのページ 異文化のなかで子育てをしよう
海外発送料金のコストを抑えるには   海外発送の手段とその特徴   有名な3大ネットショップの特徴   日本製の家電を海外で使う際の注意点   破損に注意したい品物
 
 
 
  個人情報保護方針 特定商取引法表記
規約 サイトマップ ご連絡フォーム